Blank Cover Image
QRコード(所蔵情報)

ヘミングウェイの世界

フォーマット:
図書
責任表示:
石一郎編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 荒地出版社, 1970.12
形態:
295p ; 20cm
著者名:
石, 一郎(1911-) <DA01872171>  
目次情報:
アーネスト・ヘミングウェイのための序詩 伊藤尚志
ヘミングウェイとアメリカ文学 : 近代文学の文脈のなかで 大橋健三郎
挫折からの創造 利沢行夫
ヘミングウェイ・スタイルについて : ヘミングウェイの文体とアメリカ文化 渋谷雄三郎
喪失と復帰 : ヘミングウェイと現代アメリカ文学 磯田光一
反ロマネスク・ヘミングウェイ 柄谷行人
ヘミングウェイの土地 石一郎
『日はまた昇る』 : パリのアメリカ人 高村勝治
『武器よさらば』 : フレデリック・ヘンリーの短い幸福な生活 平野信行
『午後の死』 : 原点における激烈な死 田野勲
『持つと持たぬと』 : 孤独なる戦い 稲澤秀夫
『誰がために鐘は鳴る』 : 二つの持続のあいだ 越智道雄
『老人と海』 : マカジキとサメ 原田敬一
『キリマンジャロの雪』 : 永遠の希求 利沢行夫
『フランシス・マコーマーの短い幸福な生涯』 : ひとつの謎をめぐって 中村保男
短篇について : わたしの読み方 北村太郎
伝説の人・ヘミングウェイ 鮎川信夫
中年文学の困難 小島信夫
ヘミングウェイとメイラー 邦高忠二
虚無の超克 柳生望
海と悲劇<遺作 : 『海流の中の島々』 沼沢洽治
ヘミングウェイ氏との一日 大竹勝
アーネスト・ヘミングウェイのための序詩 伊藤尚志
ヘミングウェイとアメリカ文学 : 近代文学の文脈のなかで 大橋健三郎
挫折からの創造 利沢行夫
ヘミングウェイ・スタイルについて : ヘミングウェイの文体とアメリカ文化 渋谷雄三郎
喪失と復帰 : ヘミングウェイと現代アメリカ文学 磯田光一
反ロマネスク・ヘミングウェイ 柄谷行人
続きを見る
書誌ID:
BN04603477
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

Burgess, Anthony, 1917-, 石, 一郎(1911-)

学習研究社

石, 一郎(1911-)

南雲堂

佐伯, 彰一(1922-)

研究社出版

石, 一郎(1911-)

南雲堂

オキ, シロー

河出書房新社

滝川, 元男(1923-1981)

南雲堂

西村, 孝次(1907-)

日本書房

石, 一郎(1911-)

南雲堂

Young, Philip, 1918-, 石, 一郎(1911-)

研究社出版

石, 一郎(1911-)

南雲堂

加藤, 宗幸(1927-)

九州大学出版会

Singer, Kurt D., 1911-, 石, 一郎(1911-)

荒地出版社